国産ハンドメイドレザーバッグ | Squeeze – スクィーズ レザーバッグブランドSqueezeでは「物の価値ではなく、そこに込められた職人や人の想いの価値を大切にしていきたい」という考えに基づき、メイドインジャパンにこだわり「バッグを持つ人に信頼と感動を与えたい、そんな商品を世の中に出せたら」という想いで日々勉強中です。オーダーメイドや革製品の修理もぜひお気軽にご相談ください。

今までの修理例

単に修理するだけでなく、壊れやすいのであればより頑丈にするなどの提案も行っております。
お気軽にご相談ください。

 

  • ・劣化が激しい場合や、とても古いものの場合は直らないこともあります。まずはご相談ください。
    ・本来の修理の仕方ではなく、ご予算に合わせるために修理方法をご提案させていただくこともございます。

 

 

カメラケースの改造

BeforeAfter

カメラケースの上蓋が取れるようにしてほしいというご要望でしたので、革を接ぎ足してホックを付けて取り外せるようにしました。

 

 

カメラケースのほつれなおし

BeforeAfter

レンズカバー部分がほつれていましたので、手縫いで修理しました。

 

 

カラーリフレッシュ

BeforeAfter

バッグが汚れてしまいました。

とのことでしたので、上から顔料を塗り新しくカラーリフレッシュしました。

 

 

かますの紐通しの交換

BeforeAfter

紐通し部分が切れていましたので、同じような革でしっかりと芯を入れて付けました。

 

 

カブセの取り外し

BeforeAfter

カブセが無いほうが使いやすいので取って欲しい。

とのご要望でしたので付け根部分を解いて直しました。

 

 

持ち手の切れ

BeforeAfter

持ち手が切れてしまったとのことでしたので、少し短くなりますが詰めて直しました。

 

 

隠しマグネットをホックに変更

BeforeAfter

マグネットが効かなくなってしまったとのことでしたので、ホックに付け替えました。

 

 

裏地交換

BeforeAfter

裏地が劣化してしまっていたので、気分を変えて明るい色にしました。

 

 

持ち手の補修

BeforeAfter

合皮の持ち手が劣化していましたので、上から革を乗せて補修しました。

 

 

カメラケースのほつれなおし

BeforeAfter

縫い合わせていた糸が劣化して切れてしまったとのことでした。

新しく手縫いで直しました。

 

 

ファスナー交換

BeforeAfter

ファスナーの布の部分が擦れて切れてしまったとのことでした。

新しいファスナーに交換しました。

 

 

持ち手革はがれ

BeforeAfter

持ち手の革が剥がれてしまっていました。

糊でしっかりと貼り合せました。場合によってはミシンをかけた方がいいでしょう。

 

 

ファスナー留め革交換

BeforeAfter

ファスナーを留めている革が切れてしまっていました。

新しい革と交換しました。

 

 

ベルトカット

BeforeAfter

ベルトの長さを短くしてほいしいとの要望でした。

バックル側の革の糸をほどいて厚みを整えて短くしました。

 

 

ファスナー交換

BeforeAfter

長年の使用でファスナーのテープ部分がほつれてしまっていました。

新しいファスナーに交換しました。

 

 

裏地交換

BeforeAfter

裏地がボロボロになってしまっています。劣化し難い裏地に交換しました。

 

 

丈詰め

BeforeAfter

トートバッグの底が深くて使いづらいので丈を詰めて欲しいとご依頼を受けました。

マチ幅は変えずにA4サイズの書類が横に入るサイズに丈を詰めました。

 

 

手紐のほつれ

BeforeAfter

手紐の繋ぎ目がほつれてしまっています。

繋ぎ目をミシンでしっかり縫い直し、革巻き部分は手でかがりました。

 

 

ショルダーパッドの作り変え

BeforeAfter

ショルダーパッドのゴムの部分が擦れてボロボロになってしまっていました。

同じような滑らないゴムのようなものもあるのですが、お客様のご希望でスーツを傷めないようにナイロン素材でつくりかえました。

表はそのまま使っています。

 

 

蓋裏地の交換

BeforeAfter

コスメバッグの上蓋部分の裏地が長年使ってファスナーで擦れて切れてしまったようです。

上蓋をばらし、新しい裏地と交換、鏡とめの革も新しく作り変えました。

 

 

カブセの切り離し

BeforeAfter

「バーキンタイプのカブセが硬くて使いづらいので切って欲しい。」という修理のご依頼をいただきました。

背胴からカブセを切り離して前胴と同じラインに揃えました。

 

 

カン留めの切れ

BeforeAfter

Dカンを留めている革が切れてしまったとのご相談でした。

革の残っている部分があったのでもう一度裏からしっかり補強して縫い直しました。

 

 

裏地の交換

BeforeAfter

バッグの裏地がベトベトしてきてしまい、ボロボロになってしまったので、直してほしい。

とのご相談でした。

裏地をそっくりそのまま交換しました。 お客様の希望により、ブランドネームなどの使える部分を残し、作りかえました。

 

 

ショルダーを短く

BeforeAfter

「肩かけにしないので、ショルダーを短くしてほしい。」というご依頼をいただきました。

ショルダーが編み手のデザインでしたので、そのままいかして、短い手にしました。

 

 

ナスカンとれ

BeforeAfter

「ナスカンがこわれてしまった。」という修理のご依頼をいただきました。

金具の根元が切れてしまっていましたので、似たようなデザインのナスカンと取替えました。

 

 

ショルダー付根革交換

BeforeAfter

「ショルダーの付根が切れてしまった。」という修理のご依頼をいただきました。

劣化が進んでいたので、再度縫いつけるのは難しい状態でした。

そのため、同じような革で新しく作りかえて修理。

色や素材も同じようなものを使用しているので目立つことなく修理できたと思います。

 

 

ファスナー交換

BeforeAfter

ファスナーが切れてしまった。とのご相談でした。

本来なら、全てバラしてファスナーを付けかえなければいけないのですが、お客様の予算に合わせて、今まで付いていたファスナーを切りとって、裏からファスナーを付けるという工換にしました。

こういったように、ご予算に合わせたバッグの修理を行うこともできますのでお気軽にご相談ください。

 

特集

国産ハンドメイドレザーバッグ | Squeeze – スクィーズ レザーバッグブランドSqueezeでは「物の価値ではなく、そこに込められた職人や人の想いの価値を大切にしていきたい」という考えに基づき、メイドインジャパンにこだわり「バッグを持つ人に信頼と感動を与えたい、そんな商品を世の中に出せたら」という想いで日々勉強中です。オーダーメイドや革製品の修理もぜひお気軽にご相談ください。

〒130-0021
東京都墨田区緑2-13-5

03-5669-1408

9:00~19:00
定休日:日、祭日